サムライクリックの2ティアについて

サムライクリックでは2ティアを採用してます。これは「親」がサムライクリックを利用してブログやウェブサイトなどに広告を紹介し、「子」が広告を介して登録、この「子」が同様にブログやウェブサイトなどでサムライクリックで広告を紹介して登録者が出ると、「親」にも収入が入るというシステムです。2ティアとは「2階層」の意味であり、「親」と「子」の関係を意味しています。このようなシステムは違法行為であるネズミ講を連想してしまいますが、2ティアとネズミ講には明確な違いがあります。その違いにより、2ティアは現在のところ合法的な行為とみなされています。

その違いは、「親」と「子」の間に金銭のやり取りがあるかどうかです。つまり、ネズミ講の場合、「子」は「親」から商品を買い取り、それを売ることで利益を得るわけですが、それが売れない場合は「子」が一方的に損失を被ることになるため、法律で禁止されているわけです。一方、2ティアの場合、「親」と「子」の間に金銭のやり取りはないため、損失は発生しません。そのため、現在のところは利用しても問題はないわけです。また、2ティアのシステムの都合上、ブログやウェブサイトで過剰な宣伝や虚偽の宣伝で広告への登録を煽るような行為が見かけられることも印象を悪くしていますが、これらは宣伝の仕方自体に問題があり、システム自体に問題があるのではないということを理解する必要があります。

最近の投稿